第14回おかやま県民文化祭地域フェスティバル「文化がまちに出る!プロジェクト in 津山」現代アート in 津山の城

森忠政は何を考えて津山城を築いたのか~その構成美~

このイベントは終了致しました

申込不要・入場無料・先着50名
講師:鈴木 充(広島大学名誉教授)

【シリーズ美】講演会-3では「森忠政は何を考えて津山城を築いたのか~その構成美~」と題し、鈴木氏に講演いただきます。
森忠政が築いた津山城は不思議な城である。津山の城下町を流れる吉井川に面して、本来奥まったところにある備中櫓(奥御殿)がそびえたっている。おまけに御殿や店主の入り口がどこにあるのか分らない。このような謎めいた白を忠政は何を考えて作ったのだろうか。

 

イベント詳細

開催期間 2016年10月30日(日) 14:00 〜 15:30
開催場所 津山市立図書館視聴覚室(アルネ津山4F)
住所 〒708-0065 岡山県津山市新魚町17(Googleマップで表示
お問い合わせ先 「文化がまちに出る!プロジェクト in 津山」実行委員会、岡山県、(公社)岡山県文化連盟、おかやま県民文化祭実行委員会

会場マップ

津山市立図書館視聴覚室(アルネ津山4F)(〒708-0065 岡山県津山市新魚町17

2016年09月06日 17:35
このページを印刷 記念講演「シリーズ美」一覧に戻る
Track?key=spot2531&name=article