第14回おかやま県民文化祭地域フェスティバル「文化がまちに出る!プロジェクト in 津山」現代アート in 津山の城

作家紹介:下道 基行

作品タイトル「漂泊之碑」〔映像とインスタレーション〕

 2014年より沖縄の島々を旅しながら制作しているプロジェクト作品。『漂泊之碑』は『漂着硝子』と『津波石』の2シリーズを中心に、さらにそれらを置く為のテーブル等を含めた連作として構成される。

SHITAMICHI Motoyuki

2001年武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。日本各地に残る戦争遺構を調査撮影したシリーズ『戦争のかたち』(2001-2005)、自らの祖父の遺した絵画を追って旅したシリーズ『日曜画家』(2006-2010)や、日本の国境線の外側を旅し日本植民地時代の遺構の現状を調査するシリーズ『torii』(2006-2012)など。旅やフィールドワークをベースにした制作活動を続けている。

2016年09月05日 09:18
このページを印刷 作家紹介一覧に戻る
Track?key=spot2531&name=article